薬剤師の平均年収は1,000万円

薬剤師の平均年収は500万円ですが、職場や地域によって差が出ます。研究職やMRでは平均より年収が高い傾向にあります。

薬剤師の平均年収(1)

普段、私たちは病院で診察をしてもらった後に薬が必要な場合は処方箋を出してもらい、それを調剤薬局に持って行って、薬を処方してもらっています。 薬を調剤するのは薬剤師の仕事ですが、薬剤師の職場はこうした調剤薬局に限りません。薬剤師の職場の代表的なものは、調剤薬局、ドラッグストア(処方箋の受付の有無問わず)、大きな病院、製薬会社などです。 こうした職場によって薬剤師の仕事内容は若干変わりますが、基本的には薬剤師の仕事は、 ・医師が出した処方箋に従って薬を調剤する ・薬を飲む人に対して正しい薬の飲み方を教える ・薬を服用する上で気をつける事柄についての情報を提供する などとなっています。 専門資格はもちろんのこと高度な知識が必要な仕事ですから医師と同様に年収は高額なのでは?と思いがちですが、実はそうでもありません。 薬剤師の平均年収は400~600万円程度となっており、一般的なサラリーマンと比較しても大差ない平均年収と言えるでしょう。 もちろんこれは平均ですから、年令や経験、男女の違いによっても年収には差が出ます。 年齢で言えば40代以上で勤続年数が長い薬剤師であれば700万円を超える年収をもらうことも珍しくないですし、逆にまだ薬剤師になりたての若手の時は300万円代の年収になることも多いです。 男性と女性の平均年収を見ると、女性の方が男性よりも100万円以上少なくなっています。。 これは、女性の場合はキャリアの途中で結婚、出産などで一時的に仕事を離れるケースが多いことに起因しています。 ただし、専門職ですから一度仕事を離れてもまた復帰することは、他の職種と比べても容易ですから、女性の仕事としては良い選択肢の一つと言えます。 単純に平均年収だけを見ると600万円程度ですから他の職種と比較してもさほど目立って高いというわけではありません。 ですが、景気動向や時代の流れによって給与額が上下しやすい他の職種と比べて、薬剤師は比較的安定した給与体系になっているという違いがあります。 平均給与はさほど高くなくとも、時代の流れに関係なく安定した額の年収をキープしやすいのが薬剤師の特徴でもありますから、不景気な時代であればあるほど魅力を増す仕事と言えるかもしれません。 ですが、薬剤師になるためには薬学系の大学を卒業して薬剤師国家試験に合格しなければなりません。 大学在籍期間も6年間と長いですし、私学の場合は国立と比べて倍以上の学費が必要になります。それだけの投資をすることを考えると、同じ医療界にいる医師と比べると投資回収率は低いと言わざるを得ません。

薬剤師の平均年収(2)

普段、調剤薬局やドラッグストアなどで接することの多い薬剤師ですが、その平均年収はどのくらいなのでしょうか? 厚生労働省の調査によると、薬剤師の平均年収は約500万円となっています。 薬剤師の職場は調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社など様々ですし、キャリアや年齢、男女の違いなどでも平均年収に差が出ます。 薬剤師の中で最も就労人数が多い調剤薬局とドラッグストアでは400~700万円、病院では400~600万円、製薬会社では400~800万円となっていますが、最も高い年収でも1000万円以下ですから、同じ医療界で働く医師の平均年収が1200万円以上であることを考えると、薬剤師の年収は低いと言えます。 とは言え、平均年収で500万円を超えているわけですから、一般的なサラリーマンの年収と比べると同じか、やや高いです。 サラリーマンと同様に、年齢やキャリアによって年収に幅が出ますから、同じ調剤薬局でも、働き始めの若手薬剤師なら300万円代の年収のことが多いですし、責任者クラスであれば700万円以上の年収になります。 薬事法で調剤薬局やドラッグストアを運営する場合は一店舗に必ず一人管理薬剤師を責任者として置かなければならないと決められています。 管理薬剤師は特に資格があるわけではなく、薬剤師の資格を持っていれば誰でもなることができます。 ただし、薬の在庫管理や、品質管理、調剤に必要な機材の管理、店舗で働いているアルバイトや他の薬剤師の管理も管理薬剤師の仕事ですからその仕事量と責任の重さはかなり大きいです。 管理責任者には資格は必要無いと書きましたが、そのかわり3年以上の実務経験がほぼ必須で問われます。 仕事内容を考えれば当然ですが、管理薬剤師になれば年収面でも優遇されることが多いので、キャリアパスとして目指す人は多いです。 また、薬剤師の数は多いですが、都市部に偏在しているため地方部には薬剤師が不足している所も多いです。 そのため、地方部の薬局や病院で働く薬剤師は都市部よりも高い年収になることもあります。 働く場所にこだわりが無い場合は地方で働くことも選択肢の一つに入れるべきでしょう。 なお、製薬会社の平均年収は400~800万円と前述しましたが、製薬会社で薬剤師の知識が活用されるのは研究職のみです。 研究職として働ける人数はごく僅かですので、年収面でも優遇されているのです。ただし、薬剤師としての仕事にこだわりが無いのであれば、同じ製薬会社でもMR(営業職)として働いて高い年収を得ることは可能です。

薬剤師の年収に関する体験談